誰でも無限の脳力を持っている!もっと発揮してみませんか?150キロのボールを打ったり、本が速く読めたり・・・速読トレーニングで脳力アップをあなたも!!速読コンサルタント・呉真由美の速読ときどき日記♪

books



頭の回転が超速くなる! 「速読脳トレ」で成功する勉強法
0


1日5分! 脳波で実証! 物忘れ&認知症予防 速読脳トレ



速読の基本が面白いほど身につく本 (ポイント図解)



魔法の速読 簡単トレーニングで、脳がたしかに若返る



小中学生のための親子で簡単速読トレーニング



スポーツ速読完全マスターBOOK (DVD付き)



呉真由美流 脳を活性化する速読メソッド 情報処理速度100倍アップ



だから速読できへんねん! ~脳のブレーキを解き放て~



『ジュニアサッカーを応援しよう』

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

recent comment

どうして「速読脳トレ」を皆さんに伝えたいのか。。。前編

  • 2020.05.16 Saturday
  • JUGEMテーマ:読書

    JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     

    私が速読を伝える立場になりたい!

    そう思った理由は

    「一人でも多くの人に年に一冊でもいいから本を読んでほしい!」

    そう思っていたからです。

     

     

     

     

     

    でも、元々は「速読」に興味を持ったのはそんなことではありません。

    子どもの頃から本が大好きで「もっと本を読みたい!」と思っていた私に、

    テレビで見る「速読教室」は短時間でたくさん本が読めるようになる、

    それは夢のようなお話でした。

     

    とはいえ、今の様にインターネットの環境もないなかで、

    当時子どもの私が「速読教室」を探すのはほとんど無理でした。

     

    そんな中で10代の後半にたまたま読んだ雑誌の間に通信教育の「速読」の

    ハガキを見つけたのです。

    テレビで見たことあるけど、それ以外で実際に初めて見た「速読」。

    毎月数千円を1年間。

    当然、私には払えないので、親に頼んで申し込みをしました。

     

    親に頼んで支払いをしてもらっているし、もっと本を読みたい!

    その想いもありますから、私はその通信教育の速読のトレーニングを頑張りました。

     

    でも、一向に速く読める様にならないし、正直自分のやっていることが合っているのか?

    3ヶ月ほど頑張りましたが、結局わからないまま、気持ちは失せていつしか教材はどこへやら。

     

    そんなことで、私の速読チャレンジは挫折に終わりました。

     

    速読はできなかったけど、本が大好きは変わりません。

    ですからもちろんその後も本をもっと読みたい、

    本当に「速読ができるならまたやってみたい!」そう思っていましたが、

    チャレンジすることもなく毎日は過ぎていきました。

     

     

    それと冒頭に書いた

    「一人でも多くの人に年に一冊でもいいから本を読んでほしい!」が

    どうつながるか?

    続きは後編で書きますね!


    コメント
    コメントする