誰でも無限の脳力を持っている!もっと発揮してみませんか?150キロのボールを打ったり、本が速く読めたり・・・速読トレーニングで脳力アップをあなたも!!速読コンサルタント・呉真由美の速読ときどき日記♪

books


頭の回転が超速くなる! 「速読脳トレ」で成功する勉強法



1日5分! 脳波で実証! 物忘れ&認知症予防 速読脳トレ



速読の基本が面白いほど身につく本 (ポイント図解)



魔法の速読 簡単トレーニングで、脳がたしかに若返る



小中学生のための親子で簡単速読トレーニング



スポーツ速読完全マスターBOOK (DVD付き)



呉真由美流 脳を活性化する速読メソッド 情報処理速度100倍アップ



だから速読できへんねん! ~脳のブレーキを解き放て~



『ジュニアサッカーを応援しよう』

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

recent comment

「読む」ことと理解すること、覚えていることは違います

  • 2018.12.16 Sunday
  • JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

    今日は真面目に。。。っていつも真面目ですが(笑)

     

    速読ってことに携わっていると

    「本を読んでも覚えていないんです!」とか

    「理解しながらゆっくり読むのでなかなか進まなくて〜」

    などと言われる方が多くいます。

     

    まず読むことができないのは初めて見る言葉(漢字)ですよね。

    それ以外の文字はほとんどが読むことはできます。

     

    言葉として知っていても意味まで知っていますか?

    聞いたことあるけど、どういう意味?なんて言葉は日常に溢れています。

     

    もちろん、見たことあるけど読めない漢字もあります。

     

    読んだら全部覚えていないといけない!なんて思っていませんか?

    どうして?

    どうして読んだら覚えていないといけないの?

     

    昨日の自分の24時間を1秒刻みで言えますか?

    自分自身のことも言えないのに、どうして読んだだけで

    その本を全部覚えていられるのですか?

     

    きっと多くの人は全部覚えて、全部理解している本なんてほとんどないのでは?

    仮に理解していたとしても、理解度は経験や知識によって違います。

     

    全ての文字に読み仮名が振られていれば読むことはできますよね。

    でも。。。知識や経験のないことは理解できません。

    ゆっくり読んでも知らない言葉はわかりません。

    知らない言葉はゆっくり読んでもイメージもできません。

    理解できないことはイメージもしにくいですし、

    イメージできないことは記憶にも残りにくいのです。

     

    つまり!

    読むという行為が理解や記憶には直結しないのです。

     

    ということで、読んでも理解できない!覚えてない!は

    不安に感じることはありません(^^)

     

    また理解や記憶について書きますね!


    コメント
    コメントする